コラム

FX初心者にオススメなTwitterアカウント2人を紹介します!

こんにちは、茶々丸(@chachamarufx332)です。

FXを始めて最初の1ヶ月が終わりました。

1週目でそこそこ勝ち、調子に乗ってロットを上げて2週目でドカン、3週目でFXが怖くなり、4週目で小ロットでメンタルを守りながらトレードをすることを決意。

本当にあっという間の1ヶ月でした。

まだまだ勝ちトレーダーには程遠いですが、ある程度のトレードスタイルも確立してきました。

このトレードスタイルを基本として、実戦を通じてどんどんブラッシュアップしていこうと思うのですが、今のトレードスタイルを構築するにあたり、僕に多大な影響を与えた人物が2人います。

今回はその人物を紹介します!

たばてぃん(@shoto0212)さん

FXはテクニカル分析のみじゃない!

ツイッターでFXのトレードに関する情報を集めていた僕が最初に出会ったのがたばてぃん(@shoto0212)さん。

この人はFXはテクニカル分析が全てではないと言うことを僕に教えてくれた人物です。

自分がFXを始める前はテクニカル分析こそ全てだと思い込んでいました。

テクニカル分析がプロ級にならないとFXで勝てる様にならない、と。

しかしたばてぃんさんはテクニカル分析はそこそこに、どちらかと言うとファンダメンタルズ分析と心理テクニックを駆使してFXで戦っていらっしゃってます。

正直自分には目から鱗でした。

テクニカル分析はそこそこで良いんだと。

あまりの感動にたばてぃんさんの著書を2冊購入、そこで色々なことを学ばせていただきました。

詳しくは”東大院生が考えたスマートフォンFX”と、”武器としてのFX”を読んでいただくとして、ここで語れるレベルで僕に与えた影響をまとめます。

ボリンジャーバンドとMACD

僕はボリンジャーバンド(ミドルバンドと±2σだけを表示)とMACDをテクニカル分析用の指標として使っています。

これは間違いなくたばてぃんさんの影響です。

はっきり言ってかなりシンプルです。

チャートに複雑な線をたくさん引かなくてもFXで勝てると言うことが分かっただけでもかなりの収穫です。

OANDAのオープンオーダー

OANDAのオープンオーダーが使えることを僕に教えてくれたのもたばてぃんさんです。

世界中のトレーダーがどの価格で注文予約を入れているのかが分かるので、この価格は超えられないなとか、ここを越えると一気に動くぞと言うことが分かるんです。

テクニカル分析を極めた人ならチャートを見るだけで分かることらしいですが、僕の様な素人でもそれが分かってしまうのがオープンオーダーの素晴らしさ。

これは活用するしかないでしょう!

セシル(@cesil_fx)さん

資金管理とメンタル

セシルさんからは資金管理とメンタルの重要性を学びました。

まずはテクニカル手法、と初心者は考えがちですが、テクニカルよりもまずは資金管理とメンタルなんですね。

なので僕はメンタルが安定する程度にロットを落としてトレードすることを決めました。

負けないための建玉操作

初心者の僕はエントリーポイントが来たら全資金を投入し、決済も1回で終わらせるものだと思っていました。

しかし分割エントリー、分割決済、両建てを駆使してトレードする手法があることをセシルさんから学びました。

全ては資金管理、メンタルのため。

建玉操作が上手くなると価格が上がろうが下がろうが、動いた方向についていけるため、負けないトレードも実現できる様ですね。

僕もこの建玉操作をマスターするために小ロットでコツコツやっていこうと思っています。

まとめ

たばてぃんさんとセシルさん、どちらも初心者にとっては目から鱗な情報を提供してくれるありがたいお方です。

特にセシルさんが教えてくれた建玉操作は間違いなくトレードをする上での必殺技になるものなので、トレードでどうしても勝てないという人は身につけた方が良いですね。

セシルさん曰くマスターするまでに早くて半年、通常3年くらいかかってしまうみたいですから、退場しない様にコツコツと経験を積み上げていきたいですね。