収支ブログ

【本日の収支】2020年2月10日(月) -886円(値幅:-44.3pips)

本日2月10日(月)の収益は-886円(値幅:-44.3pips)でした。

色々と残念すぎるトレード。

土日で反省してトレードスタイルを変えることにしました。

まずはGBP/JPYに拘らないこと。(この通貨ペアは局面過ぎて今は難易度が高い)

そして日足を見て今日のローソクが陽線になるか陰線になるかを予測し、そちらの方向にエントリーすること。(ゆくゆくはスイングトレードに転向しようと考えている)

更に、土日で水平線とトレンドラインの引き方を勉強し、見様見真似で引いてみたラインも参考にしてトレードする銘柄、エントリーする方向を決めた。

以上を前提にして以下の詳細をお読みください。

本日のトレードの詳細

本日トレードした銘柄はAUD/JPY。

自分の分析ではいくつかのクロス円に下落サインが出ていたので、その中で今からエントリーしても大丈夫そうな銘柄としてAUD/JPYを選択。

以下はAUD/JPYの日足。

丸で囲ったところでトレンドラインに弾き返されているためここから大きく下落すると判断。

現に2月7日(金)は大きな陰線を付けている。

これに気付けていれば2月7日(金)からショート入れてましたが、それは後の祭り。

気を取り直して今日にショートエントリーを狙います。

しかし目線が合っていてもエントリーのタイミングが悪ければ痛い目を見ることを知ることになるのでした…

1回目のエントリー

下目線で朝からエントリーチャンスを狙います。

早速ボリンジャーバンドを下にブレイク!?したのでショートエントリー!

…ですが、ブレイクは騙し。

とりあえず気を取り直してショートを握りつつ様子を伺っていましたが、10:30に発表された中国の指標が予想よりも良かったためリスクオンの流れになり価格は急上昇!

ボリンジャーバンドと自分の引いた水平線を上にブレイクしてしまったため損切り。

これで-696円(値幅:-34.8pips)の大打撃!

今月の利益を吹き飛ばします。

このトレードの反省点は以下の2つ。

  1. 良い結果が予想されていた中国の経済指標の発表前に豪ドルのショートを持つべきではなかった。
  2. 単なる損切りではなく、ドテンロングして損失を少しでも減らすべきだった。

1はこれからも為替でトレードするつもりなら当たり前のこと。

それができなかったので損をしても仕方ないかと。

2は自分の手法はトレンドについていく手法なので、バンドウォークしている時は素直についていくべきでしたね。

まあ直前に騙しに遭っているので仕方ないところもありますが。

2回目のエントリー

1回目はショートで痛い目に遭いましたが、性懲りもなくショートチャンスを狙います。

ロンドンタイムに入って早速ボリンジャーバンドを下にブレイクしたのですかさずショート!

しかしこれも騙し…

1日に何回同じ手に騙されるんや!

騙されたとは言え決済する理由も無いためしばらく放置。

しかしあるタイミングでローソクが激しく上下に動いたんですね。

もしかしたら急上昇するかもしれない…

そんな恐怖に襲われて勢いで損切りしてしまいました。

これで-190円(値幅:-8.5pips)。

う〜ん、その後の値動きも上の画像で分かりますが、完全に必要の無い損切りでした。

チャートに張り付きすぎなんですよね。

だからちょっとした値動きが怖くなる。

明確な損切りラインを決めてそこまでは損切りしないようにするべきです。

ボリンジャーバンドのブレイク手法の損切りは逆方向にブレイクした時にするべきかと考えます。

正直結構な値幅持っていかれますね…

いつも使っている手法ですが、意外と的中率が低いのでやめた方が良いかもしれません。

と言うわけで本日のトレードでした!