トレード戦略

2020年のトレード戦略

こんにちは、茶々丸(@chachamarufx332)です。

とうとう2020年が始まりました。

2020年は僕にとって本格的にFXを始める記念すべき年です。

最初から勝てるとは全く考えていませんが、それでも勝てるだけの準備はしておきたい。

というわけで2020年の僕のトレード戦略を立てたので記事にまとめます。

トレードスタイルについて

トレードスタイルと言えば一般的にスキャルピング、デイトレード、スイングトレードの3つがあると言われています。

その中でもしばらくの間はデイトレード中心で行きます。

その理由をこれから説明しますね。

スキャルピング

スキャルピングは数秒から数分でトレードを終えるスタイル。

時間の縛りも少ないので僕のような副業トレーダーには向いていると思いますが、短い時間軸でチャートを見るので騙しが多いのが難点です。

更にはFXには取引コストがかかるので、スキャルピングを積み重ねていくとジワジワと効いてきます。

そんな理由からスキャルピングは当面手を出さないようにします。

スイングトレード

スイングトレードは数日から数週間でトレードを終えるスタイル。

長い時間軸で見るので騙しには会いにくく、かつポジションを持ちっぱなしなので副業トレーダーにも向いています。

しかしデメリットも沢山あります。

まず最近のドル円のようなあまり大きく動かない相場ではほとんど稼げません。

更にずっとポジションを持ち続けているのでその間に大きなニュースが出てポジションを持っている方向とは逆に大きく動いて大損をするかもしれません。

また、ポジションを持って日を跨ぐとスワップポイントやファンディングコストと言った取引コストが上乗せされてしまいます。

そして自分にとって一番痛いのが、トレード回数が極端に少ないので経験値が稼げません

スイングトレードはもっとトレードが上手くなってから手を出すことにします。

デイトレード

デイトレードは数十分から数時間でトレードを終えるスタイルで基本的に日を跨いでポジションを持ちません。

スワップポイントやファンディングコストを意識する必要がありません。

更にスキャルピングよりは騙しに会う確率が減ります。

そして多い時で1日に何回かトレードチャンスが来るので経験値がそれなりに稼げるのも魅力です。

と言うわけで今の自分にはデイトレードが一番合っているのでこちらを選択します。

銘柄について

FXなので基本は為替を触りますが、この記事を書いている1月4日の時点で明確なトレンドが出ている通貨ペアはありません。

なので基本的には様子見です。

米国株が好調なのでリスクオンの流れになっていたため、AUDやNZDが上がっていくのかなと考えていたのですが、アメリカとイランが戦争を始めそうな流れになってしまい長期でリスクオンの流れに移行する可能性もあります。

明確な流れが決定するまで様子見で良いかと考えています。

…これで終わってはFXブログとしては元も子もありません!

そこで考えたのがIG証券のノックアウト・オプションでNYダウを取引することです。

NYダウは連日最高値を更新しており完全に上昇トレンドです。

リスクオンの流れになるとこの先も上昇し続けるか分からなくなって来ますが、今のNYダウの上昇トレンドはFRBによって作られた上昇トレンドだと考えられるため、おそらくまだ上がります。

バブルはいつ崩壊するか分からないのでリスクはありますが、そこはノックアウト・オプションの仕組みで解決です。

ノックアウト・オプションではノックアウトレベルという損切りラインを決めてから取引を開始します。

ノックアウトレベルに達したらスリップすることもなく間違いなくその価格で約定するので、バブルが崩壊して急落しても想定以上の損失を出しません。

これなら安心してNYダウに手を出せます。

もしリスクオフの流れになったら同じくノックアウト・オプションで金に手を出すのも良いかもしれませんが、今のところNYダウ一択で考えています。

トレード手法について

FXと言えばテクニカル分析やファンダメンタルズ分析などの攻め方があります。

FXが上手い人はゴリゴリのテクニカル分析派が多いと言うのが僕のイメージですが、今の僕にはテクニカルだけで乗り切る実力がないので、テクニカルもファンダも全て駆使して戦います。

ファンダ的には世の中がリスクオンだとかリスクオフだとかで取引する銘柄を選択するというシンプルな手法で行きたいと思いますが、テクニカルが難しい。

自分の軸となるテクニカル手法を身につけるべく現在いろんな手法を勉強していますが、 今の自分が実戦で使えるのはひとつだけです。

それは3本の移動平均線(5SMA、20SMA、60SMA)を表示して、パーフェクトオーダーになったらその方向にエントリー、パーフェクトオーダーが崩れたら決済というシンプルなものです。

それだけで戦うのはエントリーチャンスも少なくなるし、取れる利益幅も減るので厳しいところではあるのですが、まずはグッと堪えてシンプルに移動平均線の手法だけで行きます。

まとめ

初心者の自分が弱肉強食のこの世界で戦っていくために、明確なトレンドが出ている銘柄でトレンド方向についていく戦略を取ります。

そしてトレンドについていくために移動平均線を使ったシンプルな手法を使います。

まずはノックアウト・オプションでNYダウを買っていきますね。

果たしてこの戦略で勝つことはできるのでしょうか?

トレードの状況は随時このブログにアップしていきますのでどうぞお楽しみに。